告白

食事中に告白するメリットとデメリットについて

食事デートをしている場合、状況によっては食事中に告白したい人も実は多いです。

食事中に告白するのはタイミングが難しかったり、あまりOKをもらえない印象があったりしますが、今回は食事中に告白するメリットやデメリットについてお伝えしたいと思います。

食事中に告白するタイミングについて

食事デートの序盤で告白するのは絶対にやめましょう。

料理も出てきていない、出てきてすぐの状況での告白はフラれた後の時間がきまずくなる上、あまり会話も盛り上がっていないため、OKがもらいにくいです。

告白のタイミングとしては、料理を一通り食べて落ち着いている時間に告白するのがベストでしょう。

食事中に告白するなら会話が盛り上がっているとき

食事中に会話がかなり盛り上がる状況であれば、告白するのもありです。

食事が終わった後だとどうしても落ち着いてしまうため、盛り上がりにかけてしまいます。

その状況だとテンションも下がってしまい、告白するのが怖いという人は盛り上がっている最中に告白するのがいいでしょう。

食事デートは個室もしくは半個室にする

食事中に告白する場合、まわりの人の会話が聞こえてきたりしてしまい、告白に集中できない場合があります。

また、告白していることをまわりに聞かれたくない女性も多いため、告白をする可能性があるのであれば、最低でも半個室のお店を予約しておきましょう。

食事デート中に告白するメリット

自分の想いが伝わりやすい

建物の中で自分たちの場所がある状態なので、話を聞いてもらいやすく、真剣度が伝わりやすいです。

また、ゆっくり落ち着ける環境なので焦る必要もありません。

時間を気にせず、自分の想いを精一杯伝えたい人には向いている告白のタイミングですね。

自分のタイミングで告白ができる

外だとどうしても時間や場所を考えて行動をしないといけないため、環境に左右されがちですが、店内なのでその心配は必要ありません。

また、会話の流れや誘導もしやすいため、戦略的な告白が可能です。

特に焦ってしまって失敗するなんてことを心配している人は落ち着ける環境がある食事中に告白することをおすすめします。

食事デート中に告白するデメリット

フラれた後の時間が気まずい

駅までの帰宅途中に告白する場合は残りの時間が短いのでフラれても多少の我慢で済みますが、食事中となるとそこそこな時間いっしょにいるため、かなり気まずいです。

よほどの自信がある場合以外は食事中の告白は避けた方がいいかもしれませんね。

酔っているからだと思われる

どれだけ真剣に告白しても食事中の場合、酔った勢いで告白しているのだと勘違いされるケースがあります。

それでも相手の女性に好意があれば、OKしてくれますが、チャラい男と思われてしまう可能性もあるため、注意しましょう。

まとめ

食事デートでの告白には、勘違いを誘発してしまうケースもあるため、状況判断が難しく、フラれた場合、その後の行動にも影響してしまいます。

それでも食事中に告白するメリットは大きいので自分の性格などを参考にデートプランを検討してみましょう。

デート中のキスのタイミングについて

楽しくデートをしていたもののキスのタイミングがわからず、結局そのまま帰宅することになるなんてこともあると思います。

そこで今回はデート中のキスのタイミングについてお伝えしたいと思います。

何回目のデートでキスするのがいいのか?

永遠のテーマかもしれませんが、よく言われるのが三回目のデートのときですね。

ただ、三回目でなくとも雰囲気や相手のしぐさや言動などから一回目でもキスをする雰囲気になればした方がいいでしょう。

キスをする際の注意事項について

キスをする際は、きちんと雰囲気やシチュエーションを考えないといけません。

キスをするのあれば、人目のつかない場所を選ぶようにして誰にも見られないようにしましょう。

例えば、車の中や人通りの少ない公園などは絶好のポイントです。

デート際には近くにそういったキスできるポイントがあるか探しておきましょう。

エッチについて

デートでキスができたからエッチもなんて考えをしていませんか?

女性によってはキスの後、エッチもしてほしいなんて考えの人もいますが、そこは人それぞれなので様子を見て判断しましょう。

ただ、もしデートの相手の女性のことを本気で大切にしたいと考えているのであれば、キスまでで止めておいて次回以降そういうムードにもっていくことをおすすめします。

そうすることで女性が「私のこと大切に思ってくれているんだ」と感じてより親密になりやすくなるからです。

焦らずにひとつひとつ段階を踏むことをおすすめしますよ。

まとめ

デート中のキスやエッチについてお伝えしました。

このあたりの話はかなりデリケートなので、少しのミスや不快感を与えることで大きな失敗につながります。

常に相手の女性が何を考えているのか?を想像しつつ、ひとつひとつ慎重に行動していきましょう。